賃貸で水漏れが起きた場合の修理は?

賃貸暮らしをしている人も多いでしょうが、部屋の中で水漏れが発生した時に、どうすればいいか迷ってしまう方もいるでしょう。自分が生活しているとはいえ、あくまでも借りものです。自分で勝手に修理業者を呼んでしまってもいいものか、といったことについてみていきます。

■基本は管理会社などに連絡する

水漏れが起きて業者に修理を依頼したい場合、まずは管理会社やオーナーに相談するのが筋です。もしかすると管理会社やオーナーが懇意にしている業者があって、そこに修理は一括してお願いしているというケースも多いからです。また結局オーナーの所有物ですから、修理費用は家主が負担することになります。それを勝手に自分で修理業者を呼んでしまうと、「あなたが勝手に呼んだことだから」という理由から、支払いを拒否される可能性もあります。

■緊急事態の場合は直接業者に

例えば夜間などに水漏れが起きている場合、管理会社やオーナーとコンタクトできない場合もあるでしょう。そのほかにも水漏れがひどくて階下の住民に迷惑をかけるような切迫性のあるトラブルであれば、直接修理業者に依頼しても問題はないでしょう。もしオーナーや管理会社に連絡する前に、やむを得ず修理業者に連絡する場合には、書類を残してもらうように業者にお願いしましょう。そうすれば、後々管理会社に説明するときに、納得してもらいやすいからです。

■まとめ
賃貸の場合、建物はあくまでもオーナーや管理会社のものです。ですからまずはこちらに連絡を入れましょう。ただし緊急性を要する問題であれば、直接業者に問い合わせても問題はありません。状況に応じた判断をすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ