水漏れ修理の前に耐用年数を知るべき

水漏れは往々にして発生します。というのも水回りの器具には耐用年数があるからです。器具のパーツなどの劣化が進めば、水漏れも発生しやすくなります。耐用年数を頭に入れていれば、そろそろ修理の時期が近づいていることを自覚することができます。

■水洗器具の耐用年数はどのくらい

水回りのアイテムの中でも欠かせないものに蛇口があります。この蛇口の周辺で水漏れの起きていることは少なくありません。蛇口も経年劣化の進むものですが、寿命はだいたい5年から10年程度といわれています。ですから築10年以上の建物で、過去一切メンテナンスや交換、修理を行っていなければ、いつ水漏れが起きてもおかしくないと思った方がいいでしょう。

■使い方によっても劣化のスピードは変わってくる

ただし上で紹介した耐用年数はあくまでも目安で、どの家庭でも5年から10年経過すれば確実に壊れるというわけではありません。簡単に言えば、蛇口で水の出し止めを頻繁に行っているところの方が壊れやすいです。蛇口は水道から湧き出てくる水を食い止めるための器具です。つまり常に水圧にさらされていることになるので、出したり止めたりを頻繁に行えば、大きな負担がかかってしまいます。
一般的にキッチンの蛇口の劣化は進みやすいといわれています。料理をする際、洗い物をするとき、手を洗うときなど頻繁に台所の水を使うことがその理由です。

■まとめ
蛇口は劣化していくものなので、いつかは水漏れが起きると思った方がいいでしょう。その時すぐに修理できるように、水道業者の情報を収集しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ