水漏れ修理にかかる時間

水漏れのトラブルが発生した場合、速やかに業者に修理の依頼をするのが無難な対処策です。しかし修理にどのくらい時間がかかるのかは気になるところです。かかる時間によっては、トイレやお風呂が使えなくなるなど、日常生活に支障をきたす可能性があるからです。

■たいていのケースは短時間で完了する

水漏れの原因を見てみると、ボルトにゆるみが発生しているとか、パッキンが劣化しているようなケースが多くあります。そういった場合はナットなどで締めなおす、パッキンを新しいものと交換するなど軽微な作業で問題解決できます。業者によっても若干違いがありますが、だいたい1、2時間程度で終わることがほとんどです。この程度だと水道が使えなかったとしても、それほど不便というわけではないでしょう。

■床下の水漏れだと長期化も

たいていのケースは上で紹介した1、2時間で作業完了します。しかしレアケースではありますが、床下にある水道管で何らかの問題の発生している場合は作業に手間取る可能性があります。床下の場合、床を剥がして中に入って作業する必要があります。しかも床下の場合、普段目に入るところではないのでなかなか症状に気が付かないというのもマイナスポイントです。その結果、床下が湿気でじめじめとしてしまって、カビが発生している、木造の場合腐食が進んでいる、その結果建て替えをしなければならないこともあり得ます。

■まとめ
多少の水漏れであれば、修理をお願いすると面倒だからと先延ばしにしている場合もあるのではないでしょうか。しかしたいていのケースは短時間で修理できますし、異常の早期発見にもつながるので、早めに業者に連絡したほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ